PREMIER CHALLENGE LEAGUE/ vsペラーダジュニアーズ

PREMIER CHALLENGE LEAGUE U-10/ vsペラーダジュニアーズ

選手一人ひとりの能力が高く戦術的に整っているペラーダジュニアーズと対戦。

しっかりと守り攻めることをテーマに試合に臨みました。

ペラーダさんのポジションの入れ替わる戦術に戸惑う場面もありましたが、成長した点、課題点両方が見れた充実した一日になりました。

一番の課題はドリブルとキープの使い分けです。

攻撃のプロセスは『ポゼッション』→『前進』→『フィニッシュ』となります。

『ポゼッション』ではポジションを崩さないことが大切なためキープや足元へのパスがベースとなり、『前進』からポジションを崩すドリブルやスペースへのパスが入り始めます。

『ポゼッション』のときにドリブルを入れてしまうためポジションが崩れパスが回らない状況が多く見られました。

走るスピードではなく、ボールのスピードでプレーすることが大切です。

みんなでしっかりと練習して頑張っていきましょう。

ペラーダジュニアーズの皆様ありがとうございました。

VAMOS ROJO!!