県大会

川久保 悠

先日、JFA45回全日本U-12サッカー選手権大会埼玉県大会が開催され、U-12の子供たちがクラブ初となる県大会出場を果たしました。

 

惜しくも初戦を勝利で飾ることはできませんでしたが、INDEPENDIENTE らしい攻撃的なサッカーを最後まで貫いた子供たちに拍手を送ります。

 

コロナショックを受け、絶対的な試合不足の中、守備時にはディフェンスラインを上げ、攻撃時にはグランドいっぱいに広がり、大きなリスクと共にとても難しいポジショナルサッカーをプレーした子供たちの姿は素晴らしいものでした。

 

県大会を終え一つの挑戦の幕が閉じることになりましたが、これからも観る人を魅了するサッカーを目指し、志し高く夢に向かって真っ直ぐに成長していきましょう。

 

とにかく可愛くタレント揃いのU-12。

 

みんなのさらなる飛躍と活躍を楽しみにしています。

 

 

YUコーチ

 

 

『勝利の難しさ』

川久保 悠

 

INDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMA監督ハヤトコーチの教え子カズトコーチが新日本キックボクシング協会のリングでデビュー戦を戦いました。

 

カズトコーチは約1年間INDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMAのコーチとして宮古島で子供たちの指導に携わり、今年4月から格闘技でチャンピオンになる夢を叶えるため、キックボクシング界の老舗伊原道場に入門、伊原会長の弟子としてプロキックボクサーの道をスタートしました。

 

そして迎えたデビュー戦。

 

宮古島からハヤトコーチ、ダイキコーチも駆けつけた中、終始攻め続けながらも一瞬の隙から右ストレートを受けてのTKO負け。

 

類稀なキックボクシングセンスとデビュー戦とは思えない落ち着きをもって戦いましたが、初めて経験した11kgの減量もあり、勝利の難しさを痛感させられたデビュー戦となりました。

 

ある一定のレベルから、勝利はとても難しいものになります。

 

『勝利の難しさ』を教訓に、勝利を尊いものとして、勝利に感謝と敬意を持ちチャンピオンに向かって前進してくれればと思います。

 

カズトお疲れ様!!

 

しっかり休んで次の試合も頑張れ!!

 

いつまでも応援しています!!

 

前進一路

 

 

YUコーチ

 

 

 

 

 

アルゼンチン代表 コパ・アメリカ 2021 優勝

川久保 悠

 

メッシ率いるアルゼンチン代表がコパ・アメリカ 2021優勝

 

 

アルゼンチン代表が 28年ぶりの国際タイトルに返り咲きました

 

 

メッシもアルゼンチン代表として初となる涙の優勝

 

アルゼンチン全土が涙で溢れた一日になりました

 

 

現在、国内にたくさんの小さなメッシが育っているといわれるアルゼンチン

 

 

今回の優勝も含めアルゼンチンの黄金期到来を予感させます

 

 

メッシ アルゼンチンおめでとう!!

 

 

GRACIAS LEO!!

 

 

Y VAMOS ARGENTINA!!