唯一の負け方

川久保 悠

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

今回は若干44歳にしてアルゼンチン代表をカタールワールドカップ優勝へと導いた、若き天才指揮官リオネル・スカローニ監督がワールドカップ前のインタビューで話した、アルゼンチン代表の『唯一の負け方』について書きたいと思います。

 

知的かつ哲学的で、誰にも敵意を抱かない人間性で知られるスカローニ監督。

 

彼が言うアルゼンチン代表の『唯一の負け方』とは

 

スカローニ監督:

「私たちアルゼンチン代表の負け方は一つしかありません。私たちが選ぶ唯一の負け方はグランドで全力を尽くし、最後の一滴の汗までもグランドで流すこと。そして仮に負けたとしてもアルゼンチン全国民に誇りと感動を届けることです」

 

勝ちにはたくさんの勝ち方がありるとスカローニ監督は言います。

 

2-0で勝っていれば主力選手の怪我の予防、イエローカードなどの警告による出場停止の回避、次の試合に向けての体力の温存など、勝ちは必ずしも全力を出し切るものではなく、必ずそこには予防、回避、温存などの要素が生じます。

 

反対に、負けには予防や回避や温存の要素はなく『負けている』=『全力を出し尽くす』となり、チームとして最も全てを出し切り、最も感動的となるものが『負け方』となります。

 

ワールドカップまで36戦無敗で辿り着き、初戦の敗戦を乗り越え、準々決勝のオランダ戦では2-0から追い付かれての勝利。

 

そしてワールドカップ史上最高の試合と称される決勝のフランス戦では2-03-2から2度にわたって追い付かれての優勝。

 

アルゼンチン代表の同点に追い付かれてからのより勇敢に闘う姿勢はまさに『唯一の負け方』を実践した結末でした。

 

サッカーでも、人生でもそのチーム、その人のより本質的な部分が見える瞬間は敗戦の現実的可能性に直面したときです。

 

『負け方』を正しく理解すること。

 

サッカーの真の大切さ、美しさは『負け方』にあると理解すること。

 

そして、チームとして全力を出し尽くす『唯一の負け方』こそが最もチームを勝利に近づけてくれる力になるのではないでしょうか。

 

アルゼンチン代表の素晴らしい優勝を一つのモデルとして、INDEPENDIENTE JAPAN としても『唯一の負け方』を理解、確立し実践していきましょう。

 

子供たちのサッカーそしてこれからの人生に少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

 

YUコーチ

 

アルゼンチン ワールドカップ優勝

川久保 悠

 

史上最高のサッカー選手メッシ率いるアルゼンチン代表がカタールワールドカップ2022優勝

 

 

 

アルゼンチン全国民の夢が叶い、自分にとっても人生で最も幸せな日となりました

 

 

 

Gracias Argentina

 

Gracias Leo

 

 

 

 

世界一の喜びと誇りを胸に、これからもアルゼンチンで学んだアルゼンチンサッカーを子供たちに愛情を込めて伝えていきたいと思います

 

 

 

 

YUコーチ

 

 

 

-El Gráfico- 現実となった夢 INDEPENDIENTE JAPAN

川久保 悠

アルゼンチンNo.1スポーツ紙 El Gráficos にINDEPENDIENTE JAPAN の特集が掲載されました。

 

アルゼンチンのINDEPENDIENTEサポーターが INDEPENDIENTE JAPAN のみんなの活躍を楽しみにしています!!

 

INDEPENDIENTE のエンブレムにふさわしいプレーと姿勢でこれからも頑張っていきましょう!!

 

【翻訳】*直訳ではわかりにくいため、よりわかりやすい文面に翻訳しています。

 

INDEPENDIENTE JAPON, UN SUEÑO HECHO REALIDAD / 現実となった夢 INDEPENDIENTE JAPAN

 

子供の頃にみた一冊のEl graficoがユウの人生を変えた。

 

〜日本のINDEPENDIENTEストーリー〜

 

2018年アリエル・ホーラン監督率いるINDEPENDIENTESURUGA CUPを闘うために来日中、ホーラン監督のアシスタントを努める1人の日本人がアルゼンチンで注目を集めていた。

 

たくさんのINDEPENDIENTEサポーターがその日本人の正体を知りたがっていたが、ユウとINDEPENDIENTEのストーリーはすでに遠い昔からから始まっていた。

 

記者:いつからINDEPENDIENTEサポーターになりましたか?

 

ユウ:第二次世界大戦後、私の父はアルゼンチンへ移住しました。そこで私の父はアルゼンチンサッカーの大ファンになり、RACIN(ラシン:INDEPENDIENTEと同じくブエノス・アイレス アヴェジャネーダを本拠地とするINDEPENDIENTEのライバルチーム)サポーターとなりました。ですが、私は1213歳のとき叔父がアルゼンチンから持ってきてくれた一冊のサッカー雑誌El GráficoをみてINDEPENDIENTEサポーターになる決意をします。El Gráficoの表紙は1994年アルゼンチンリーグを優勝したINDEPENDIENTE赤いユニフォーム、当時のアイドル グスタボ・ロペスの歓喜の姿、、もちろん私の父は猛反対でした… また、日本で当時のスーペルコパ(歴代のコパ・リベルタドーレス優勝チームが集う南米クラブ選手権)のテレビ放送がされていたこともあり、そのころからINDEPENDIENTEの試合ばかりをみていました。私が初めてスタジアムでプロサッカーチームの試合を観戦したのも、スーペルコパを制したINDEPENDIENTEがレコパでトヨタカップを制した同じアルゼンチンのVELEZ(べレス)と日本の国立競技場で対戦した試合でした。

 

記者:アルゼンチンに住んでいた時期もあったと聞きます。

 

ユウ:はい。日本の義務教育となる中学校卒業後、私の親戚が住むアルゼンチンのポサーダスへと渡りました。そこで1年間生活をし、アルゼンチンの身分証明書を獲得後ブエノス・アイレスのプロクラブへテストを受けに行きました。運もあり、ESTUDIANTES DE LA PLATA(エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ)と選手契約を結ぶことができ、ESTUDIANTES でセンターハーフ、サイドバック、最後はセンターバックとしてプレーしました。

 

記者:トップチームデビューはできませんでしたか?

 

ユウ:たくさんのチャンスがありました。クラウディオ・グニアリ コーチ(2014年ワールドカップアルゼンチン代表アシスタントコーチ)にとてもよくしてもらいました。ESTUDIANTES のトップチームとのスパーリングメンバーに随時招集されたり、当時アルゼンチン3部リーグのCAMBACERESのトップチームからもオファーを受けていましたが、もう少しのところでとどきませんでした。その後日本に戻り、ビーチサッカー日本代表としてコパ・カバーナで開催されたビーチサッカーワールドカップに出場し、その後現役を引退しました。

 

〜夢の誕生〜

 

記者:INDEPENDIENTE JAPAN 誕生の経緯を教えてください。

 

ユウ:当時、私は世界キックボクシング協会会長の秘書を務めていました。そのタイミングでアルゼンチンの友人ディエゴ・ラ・ボルペと共にアルゼンチンにキックボクシングの伊原道場アルゼンチン支部を設立しました。そして、伊原道場アルゼンチン支部設立後、ディエゴもINDEPENDIENTEサポーターであったことから、共にINDEPENDIENTE JAPAN を設立することになります。その後、アルゼンチンのINDEPENDIENTE でサンティアゴ・ロドリゲス(現在のINDEPENDIENTE下部組織統括コーディネーター)と知り合い、サンティアゴとINDEPENDIENTEの首脳陣や当時サテライトの監督であった友人のガブリエル・ミリートの協力のもとINDEPENDIENTE JAPAN が正式に設立となりました。

 

記者:その後は?

 

ユウ:その後、私の故郷の鳩山に戻り、友人の協力と市役所の要望を受け、宮古島でINDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMAを設立。そして、INDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMAのスタートから約3年で沖縄県大会でも優勝争いのできるチームへと成長することができました。

 

記者:INDEPENDIENTE JAPANでプレーする子供たちの年齢は?

 

ユウ:日本の小学生と中学生、7歳〜15歳の子供たちになります。2018年には私の故郷である鳩山にもINDEPENDIENTE JAPAN 本部としてINDEPENDIENTE JAPAN HATOYAMAを設立しました。

 

記者:子供たちにINDEPENDIENTEの歴史を伝えていますか?

 

ユウ:1984年のトヨタカップでINDEPENDIENTEがイギリスのリバプールに勝利してクラブ世界一に輝いたことは日本でもよく知られています。

 

記者:日本からアルゼンチンのINDEPENDIENTEへ選手を送り込むことは考えていますか?

 

ユウ:INDEPENDIENTE JAPAN設立当初、数名の日本人選手をスカウトしINDEPENDIENTEの下部組織でプレーさせることに成功しましたが、INDEPENDIENTEのレベルでプレーすることはとても難しく成功には至りませんでした。現在はアルゼンチンのINDEPENDIENTEでプレーできる選手を輩出するためにもINDEPENDIENTE JAPAN HATOYAMAINDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMAの育成に全力を尽くしています。

 

記者:2018年のSURUGA CUP優勝では監督アシスタントとして活躍されましたが、最も思い出に残ったことは?

 

ユウ:日本で初めてINDEPENDIENTEの試合を観戦したレコパ優勝の約20年後、その憧れの舞台でINDEPENDIENTEの一員として優勝できたことは一生の思い出です。そして約10日間生活を共にしたコーチングスタッフ、選手、クラブ関係者、忘れられない素晴らしいチームでした。

 

記者:今でも当時のコーチングスタッフや選手とコンタクトはとっていますか?

 

ユウ:はい。今でも月に数回当時のコーチングスタッフや選手とメッセージのやり取りを続けています。

 

記者:日本の教育、育成環境を教えてください。

 

ユウ:教育ではその子供がもつTECLA(ピアノのキー)を押してあげなくてはなりません。日本の子はとても繊細なため、深い観察能力が必要です。日本の育成環境については、日本はより暗記的な印象を受けます。アルゼンチンはより創造的。また、日本社会はたくさんのストレスを抱えていることも事実です。その社会のストレスから子供たちを守ることも指導者の大切な役目です。

 

記者:これからのINDEPENDIENTE JAPANの夢を聞かせてください。

 

ユウ:INDEPENDIENTE JAPANの夢は、日本のボチーニ、ガブリエル・ミリート、クン・アグエロを育成し、INDEPENDIENTE JAPAN で育った子供たちがアルゼンチンのINDEPENDIENTE、日本代表でプレーすることです。まだ10歳前後の子供たちですが、近い将来必ずINDEPENDIENTE、日本代表でプレーする選手が現れると確信しています。

 

 

 

現在、鳩山ではトヤマ ソラ、コヤマ アオシ、宮古島ではザキミ ケイタ、タカシマ マカイをはじめとするたくさんの素晴らしい選手がINDEPENDIENTE JAPANの夢に向かって育っている