二期生ジュニア卒業

川久保 悠

 

先日、INDEPENDIENTE JAPAN HATOYAMA の二期生となるU-12の子供たちのジュニア卒業式が行われました。

 

卒業式を迎えた二期生は全選手がジュニアユースへ継続となるため、卒団式ではなくジュニア卒業式として可愛いU-12の子供たちのジュニア卒業をお祝いしました。

 

楽しい雰囲気での卒業式となりましたが、子供たちのことを想うと込み上げるものがあり、伝えたかったメッセージを話すことができなかったため、こちらのブログに書きたいと思います。

 

卒業生のみんなはこれから中学生となり、少しずつ大人へ近づいていくことになります。

 

そこで私がアルゼンチンサッカーで学んだ最も大切なことを伝えたいと思います。

 

アルゼンチンサッカーで学んだ最も大切なことは上手いプレーや美しいサッカーではなく、闘う姿勢です。

 

相手のシュートを防ぐために必要であれば頭から飛び込みブロックする。

 

アルゼンチンでは10歳にも満たない子供たちがそのような姿勢でチームメイト、クラブ、家族、母国への愛情と共にプレーしています。

 

卒業生のみんなはとにかく可愛く優しい子供たちですが、少しずつ人としての強さやチームメイト、クラブ、家族、母国である日本を守る姿勢もサッカーを通じて学んでいってほしいと思っています。

 

サッカーや人生の感動は上手さや美しさ以上に闘う姿勢が生むものです。

 

『感動は幸せの感覚』という言葉もありますが、ジュニアユースでは感動溢れるサッカーをプレーできるようみんなで頑張っていきましょう!!

 

U-12のみんなジュニ卒業おめでとう!!

 

いつまでもみんなのことを応援しています!!

 

 

YUコーチ

 

 

 

 

 

サンティアゴコーチ C.A INDEPENDIENTE 下部組織統括コーディネーターに就任

川久保 悠

 

私の親友で、INDEPENDIENTE JAPAN のアドバイザーを務めるサンティアゴコーチが今シーズンより、アルゼンチン C.A INDEPENDIENTE の下部組織統括コーディネーターに新たに就任しました。

 

昨シーズンまで C.A INDEPENDIENTE インファンティル(U-13)のコーディネーターを務めていましたが、2016年の共に成し遂げたU-13の国際大会優勝や、昨シーズンのアルゼンチン1部リーグでトップチームのスターティングメンバーに9人の下部組織育ちの選手が名を連ねるという異例の功績が評価されての抜擢となりました。

 

C.A INDEPENDIENTE の下部組織は国内リーグの年間順位で常に3位以内をキープするなど、近年では名実ともに国内トップの実力を維持しています。

 

2019年には南米チャンピオンを決するCopa Libertadores U-13 で準優勝。

 

惜しくも決勝のPK戦で優勝を逃すも、当大会チームの中心として活躍した2人の教え子が今シーズン16歳の若さでトップチームとプロ契約を結ぶなど、順調にクラブの才能が芽生えています。

 

アルゼンチン国内では国内最高の才能とも評される両選手。

 

今後の活躍が楽しみです。

 

そして、そのサンティアゴコーチが下部組織の全権を握ったこともあり、2022年度より、 C.A INDEPENDIENTE ともより本格的に交流していきたいと思っています。

 

また、INDEPENDIENTE JAPAN の選手であれば随時 C.A INDEPENDIENTE のクラブ寮に入寮しながら C.A INDEPENDIENTE の選手の一員として短期留学することも可能です。

 

アルゼンチン最高峰のクラブ施設で最高のアルゼンチンサッカーを経験する。

 

一つのオプションにしていただければ幸いです。

 

これからも親友のサンティアゴと共に子供たちの成長に寄り添っていけることを嬉しく思います。

 

YUコーチ

 

 

 

GRACIAS KUN!!

川久保 悠

 

先日、メッシに次ぐ21世紀最高のアルゼンチン人サッカープレイヤー セルヒオ“KUN”アグエロが心不全のため現役を引退しました。

 

2003年にアルゼンチンサッカー最年少記録となる15歳でINDEPENDIENTEのトップチームにデビュー。

 

その後、アルゼンチンU-20代表ではU-20ワールドカップ2005年,2007年大会を連覇、2007年にはゴールデンボーイ賞を受賞、2008年にはアルゼンチンU-23代表として北京オリンピックで金メダルを獲得、10年間プレーしたマンチェスター・シティーではプレミアリーグ外国人最多得点を記録。

 

そして、今年アルゼンチン代表としてコパ・アメリカ2021に優勝するなど、名実共に世界最高の選手として世界中のサッカーファンから愛されたアグエロ。

 

マラドーナ、メッシと共に最もINDEPENDIENTE JAPAN のモデルとしている選手です。

 

アグエロのプレーが観れなくなることは悲しい限りですが、これからはピッチの外からINDEPENDIENTEの世界王者奪還、そしてアルゼンチン代表のワールドカップ優勝の力になってくれるはずです。

 

また、”KUN”のことをいつも話してくれたアグエロを発掘、育成した、今は亡きネストル・ランベルさんから学んだ多くの知識やアドバイスもINDEPENDIENTE JAPAN の育成哲学に取り入れ子供たちの育成に活かしています。

 

『鳩山 宮古島から世界へ』

 

HATOYAMA・MIYAKOJIMAのみんなも日本のアグエロになることを目指し、日本代表やアルゼンチンのINDEPENDIENTEでプレーする夢に向かって頑張っていきましょう!!

 

GRACIAS KUN!!

 

 

YUコーチ