脳科学的『努力』について

川久保 悠

今回は脳科学的な正しい『努力』について書きたいと思います。

 

『努力』の方法は脳科学的に大きく2つに分かれます。

①アドレナリン式

②ドーパミン式

 

①アドレナリン式=簡単に言うと気合いや根性 。

気合いや根性で『努力』する。

多くの人が行う方法です。

アドレナリンは興奮時などに分泌されるホルモンです。

アドレナリン式は継続性が低く、長続きしません。

アドレナリンは分泌後約3日で消滅してしまうため、よく言われる「三日坊主」も科学的にはこのアドレナリンが原因とされています。

毎日気合いを入れるなどの方法でアドレナリンを毎日出し続けることは可能ですが、アドレナリンはストレスホルモンのため、身体に毒とされています。そのためアドレナリンを1カ月以上出し続けると燃え尽き症候群、うつ病などの症状を引き起こす原因となります。

アドレナリン式は短期決戦の大会などには力を発揮しますが、子供の長期育成には適していません。

 

②ドーパミン式=簡単に言うと楽しみ、喜び、達成感。

ドーパミンは楽しむ、喜ぶ、褒められることにより分泌されるホルモンです。

子供を褒める。

褒められることにより楽しみ、喜び、達成感を感じ、ドーパミンが分泌されます。

ドーパミンは喜びホルモンのため、脳はドーパミンが分泌された時のことを記憶し、その喜びを再現しようとします。

そのため、継続性(再現性)が高く、子供の『努力』の習慣化に最も適した方法です。

 

脳科学的2つの方法について書かせて頂きました。

 

子供たちの成長に少しでも参考になればと思います。

 

YUコーチ

 

『好き』について

川久保 悠

『好き』。

 

 

 

サッカーが『好き』とはどのようなことでしょうか。

 

 

 

『好き』とは『愛情的』で何も求めないこと。願い、欲求、欲望で歪んでいないことだと理解しています。

 

 

 

願い、欲求、欲望は心配、不安、迷いを生み物事を歪ませます。また、他者からの願い、期待は子供たちへの大きな弊害ともなります。

 

 

 

願わず、望まず、求めず。ただ純粋に『好き』な思い一心でサッカーを楽しむこと。

 

 

 

そのサッカーへの『好き』な思いが、成功への一番大きな『力』ともなります。

 

 

 

勝利、優勝の喜びが小さく感じるほど、何も欲しくなくなるほどサッカーが『好き』。そんなサッカー人生がサッカー人として最高の幸せだと思います。

 

 

 

そして最も大きく純粋な『好き』こそが

『愛情』ではないでしょうか。

 

 

 

そう信じています。

 

 

 

 

 

YUコーチ

 

 

『成功と失敗』

川久保 悠

今回は子供の『成功と失敗』について書きたいと思います。

最近、子供たちのレベルアップにコーチとしても驚かされます。

そんな中、子供に今まで以上に期待を寄せてしまう保護者の方々もいるのではないでしょうか。

ごく普通のことのようにも思えますが、是非理解して頂きたいことがあります。

あくまで子供は『成功と失敗』を繰り返して成長するということ。上手くいく日もあれば上手くいかない日も必ずあるということです。

『上がるものは下がり、下がるものは上がる』バルセロナ時代のグアルディオラ監督が幾度となく言っていた言葉です。

成功すれば失敗もあり、失敗すれば成功もあるという意味です。

成長期前の子供は維持力、継続力に乏しく、より『上がり下がり』『成功と失敗』を繰り返します。

子供の成功に希望を持ってしまうと必ず失望がやって来ます。

子供の育成に関しては特に、成功を実力だと思わず、失敗を実力だと思うことをお勧めします。

成功に舞い上がらず、失敗に対して非難しない。

子供の失敗に寄り添って、子供の短所とも仲良く、『成功と失敗』を含む全てを暖かく見守ってあげることが子供がより成長出来る環境だと信じています。

大人の期待、希望、理想に耐えられるほど子供は強くありません。

 

とにかくサッカーが好きでサッカーを楽しむ。

そして、気付いたらすごく上手くなっていた。

そんなクラブをみんなで作っていければと思っています。

 

YUコーチ