GRACIAS KUN!!

川久保 悠

 

先日、メッシに次ぐ21世紀最高のアルゼンチン人サッカープレイヤー セルヒオ“KUN”アグエロが心不全のため現役を引退しました。

 

2003年にアルゼンチンサッカー最年少記録となる15歳でINDEPENDIENTEのトップチームにデビュー。

 

その後、アルゼンチンU-20代表ではU-20ワールドカップ2005年,2007年大会を連覇、2007年にはゴールデンボーイ賞を受賞、2008年にはアルゼンチンU-23代表として北京オリンピックで金メダルを獲得、10年間プレーしたマンチェスター・シティーではプレミアリーグ外国人最多得点を記録。

 

そして、今年アルゼンチン代表としてコパ・アメリカ2021に優勝するなど、名実共に世界最高の選手として世界中のサッカーファンから愛されたアグエロ。

 

マラドーナ、メッシと共に最もINDEPENDIENTE JAPAN のモデルとしている選手です。

 

アグエロのプレーが観れなくなることは悲しい限りですが、これからはピッチの外からINDEPENDIENTEの世界王者奪還、そしてアルゼンチン代表のワールドカップ優勝の力になってくれるはずです。

 

また、”KUN”のことをいつも話してくれたアグエロを発掘、育成した、今は亡きネストル・ランベルさんから学んだ多くの知識やアドバイスもINDEPENDIENTE JAPAN の育成哲学に取り入れ子供たちの育成に活かしています。

 

『鳩山 宮古島から世界へ』

 

HATOYAMA・MIYAKOJIMAのみんなも日本のアグエロになることを目指し、日本代表やアルゼンチンのINDEPENDIENTEでプレーする夢に向かって頑張っていきましょう!!

 

GRACIAS KUN!!

 

 

YUコーチ

 

 

 

 

『大切なもの』

川久保 悠

 

いよいよ現代サッカーが残した最高の司令塔シャビ・エルナンデス新監督率いるFCバルセロナが初陣を迎えます。

 

そのエスパニョール戦の前日会見でシャビ監督が話した彼のサッカー哲学。

 

その中で絶対に欠かせない『大切なもの』と言った4つのキーワード。

 

Actitud 姿勢、Respeto 敬意、Esfuerzo 努力、Sacrificio 犠牲心 。

 

現役時代は美しいプレーで世界を魅了したシャビが掲げる『大切なもの』。

 

サッカーの表面的なものを超えた、サッカーを哲学として、そして『生き方そのもの』と捉えるFCバルセロナの哲学を象徴する考え方です。

 

監督として、そして一人の人間として、サッカー界で最も模範的な人物であるシャビ。

 

彼がこれこら魅せてくれる素晴らしいサッカーを楽しみにしています。

 

YUコーチ

 

Cruyffからのメッセージ

川久保 悠

 

今回は私が最も尊敬する人物の一人、ヨハン・クライフが生前自伝『Mi filosofía』に綴った文章を紹介したいと思います。

 

来年度からジュニアユースも設立となり、最も成長盛んな中学年代を迎える現U-12の子供たち。

 

ディステッファノ、ペレ、マラドーナ、メッシと並び歴代最高のサッカー選手と称されるクライフ。

 

プレー同様にシンプルかつ本質的な言葉を持った彼が、サッカーを大好きな子供たちへ残したメッセージ。

 

いつまでも忘れることのないよう、心のメモ帳に書き残していただければ幸いです。

 

 

Johan Cruyff Mi filosofía

翻訳:

『素晴らしく、シンプルで、楽しむことが大切なスポーツ、それがサッカー。

失敗することを受け入れなければならない。

なぜならサッカーはミスを犯すスポーツだから。

自分を成長させるということは、ミスを5回から4回に減らすこと。

私からのメッセージは、サッカーはシンプルなだけではなく、生きる方法ですらあるということ。

このことを多くの人がわかれば、もっと楽しくなる。

ピッチ内外において。

雨が降っていたとしても、笑うことをやめてはならない

 

 

「シンプル」「楽しむ」「失敗」「成長」そして「笑顔」。

 

たくさんのキーワードが綴られています。

 

近代サッカーの父クライフからのメッセージ。

 

 

少しでも子供たちの成長の参考になれば嬉しく思います。

 

 

Gracias Johan.

 

 

YUコーチ