サッカーの『基礎・基本』について

川久保 悠

今回はサッカーの『基礎・基本』について書きたいと思います。

サッカーの『基礎・基本』とは?

コントロール、トラップ、パス . . .

まず、『基礎・基本』とは何か〈*辞書:基礎= ある物事を成り立たせる大もとの部分。基本= 行動・方法などのよりどころとなる大もと〉とされています。

簡単に言うと「物事の大もと」となります。

次に、サッカーのプレーコンセプトは『①認知』『②判断』『③実行』の3大要素で構成され、順序も『①認知』『②判断』『③実行』の順になります。

(*サッカーの全てのプレーには『認知』『判断』『実行』が伴います)

そこで、『認知』『判断』『実行』の大もとであり、より基礎的・基本的な要素は何か?

サッカーにおいてより基礎的・基本的な要素は『認知』であり、サッカーの『基礎・基本』は『認知』と定義することができます。

(*サッカー用語としての『認知』= 見て状況を認識・把握すること)

正しい『認知』から正しい『判断』が生まれ、正しい『判断』から正しい『実行』が生まれます。

一般的にサッカーの『基礎・基本』とよく言われるコントロール、トラップ、パスなどは『実行』(技術)の基礎・基本であって、サッカー全体から見ると応用的なものです。

サッカー経験の無い方々への分かりやすい例として、車の運転があげられます。

車の運転にも『①認知』『②判断』『③実行』が当てはまり、車の運転の最も基礎的・基本的な要素も『認知』です。

見る(認知)無く、進む・曲がる・止まる(判断)、アクセルを踏む・ハンドリング・ブレーキを踏む(実行)はありません。

サッカーも車の運転と同様に『認知』が絶対的な『基礎・基本』です。

技術に特化した傾向性(傾き)のある練習や環境は、『認知』『判断』を欠乏させるため注意が必要です。

最も成長する小学生・中学生の時期に目に見えない『認知』『判断』をしっかりと理解して、『認知』『判断』『実行』全てをバランス良く練習することが大切です。

 

子供たちのより良い成長の参考になれば嬉しく思います。

 

YUコーチ

 

脳科学的『努力』について

川久保 悠

今回は脳科学的な正しい『努力』について書きたいと思います。

 

『努力』の方法は脳科学的に大きく2つに分かれます。

①アドレナリン式

②ドーパミン式

 

①アドレナリン式=簡単に言うと気合いや根性 。

気合いや根性で『努力』する。

多くの人が行う方法です。

アドレナリンは興奮時などに分泌されるホルモンです。

アドレナリン式は継続性が低く、長続きしません。

アドレナリンは分泌後約3日で消滅してしまうため、よく言われる「三日坊主」も科学的にはこのアドレナリンが原因とされています。

毎日気合いを入れるなどの方法でアドレナリンを毎日出し続けることは可能ですが、アドレナリンはストレスホルモンのため、身体に毒とされています。そのためアドレナリンを1カ月以上出し続けると燃え尽き症候群、うつ病などの症状を引き起こす原因となります。

アドレナリン式は短期決戦の大会などには力を発揮しますが、子供の長期育成には適していません。

 

②ドーパミン式=簡単に言うと楽しみ、喜び、達成感。

ドーパミンは楽しむ、喜ぶ、褒められることにより分泌されるホルモンです。

子供を褒める。

褒められることにより楽しみ、喜び、達成感を感じ、ドーパミンが分泌されます。

ドーパミンは喜びホルモンのため、脳はドーパミンが分泌された時のことを記憶し、その喜びを再現しようとします。

そのため、継続性(再現性)が高く、子供の『努力』の習慣化に最も適した方法です。

 

脳科学的2つの方法について書かせて頂きました。

 

子供たちの成長に少しでも参考になればと思います。

 

YUコーチ

 

『好き』について

川久保 悠

『好き』。

 

 

 

サッカーが『好き』とはどのようなことでしょうか。

 

 

 

『好き』とは『愛情的』で何も求めないこと。願い、欲求、欲望で歪んでいないことだと理解しています。

 

 

 

願い、欲求、欲望は心配、不安、迷いを生み物事を歪ませます。また、他者からの願い、期待は子供たちへの大きな弊害ともなります。

 

 

 

願わず、望まず、求めず。ただ純粋に『好き』な思い一心でサッカーを楽しむこと。

 

 

 

そのサッカーへの『好き』な思いが、成功への一番大きな『力』ともなります。

 

 

 

勝利、優勝の喜びが小さく感じるほど、何も欲しくなくなるほどサッカーが『好き』。そんなサッカー人生がサッカー人として最高の幸せだと思います。

 

 

 

そして最も大きく純粋な『好き』こそが

『愛情』ではないでしょうか。

 

 

 

そう信じています。

 

 

 

 

 

YUコーチ