『目標』について

川久保 悠

『目標』辞書には〈そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。〉とあります。
わかりやすく表現すると、『目指す目的地』となります。
『目標』にも正しい『目標』と間違った『目標』がありますが、正しい『目標』とはどのような『目標』でしょうか?
『目標』設定で大切なことは、『目標』とすることが『絶対的』であるか。『目標』が『絶対的』であって『相対的』でないことが大切になります。
*『絶対』辞書 : 〈他に比較するものや対立するものがないこと。また、そのさま。他の何ものにも制約・制限されないこと。また、そのさま。〉
『絶対的』とはわかりやすく表現すると『自分で決められること』となります。
*『相対』辞書 :〈他との関係の上に存在あるいは成立していること。〉
『相対的』とは『自分で決められないこと』『自分も含む全体で決まること』になります。
そこでサッカーの試合の『目標』の例を上げてみましょう。
サッカーの試合の『目標』としてよく上がることが『勝つ』『ゴールを決める』だと思います。
『勝つ』は『絶対的』でしょうか?
試合はどんなにベストを尽くしても負けることがあります。『勝つ』は『相対的』です。
『ゴールを決める』は『絶対的』でしょうか?
どんなに多くの決定的ゴールチャンスを作くり、どんなに素晴らしいフィニッシュをしても相手ゴールキーパーが神がかっていればボールは入りません。『ゴールを決める』も『相対的』です。
ではサッカーの試合での『絶対的な目標』とは?
どこまでが『絶対的』でどこからが『相対的』になるのでしょうか?
INDEPENDIENTE JAPANの試合における『目標』は、『より多くの時間ボールをポゼッションする』→『より広がり、より速く、より多くボールを動かす』*ドリブルやその他個人技での打開も含まれる。→『より多くのゴールチャンスを作り出す』となり、最も先の『目標』は『より多くのゴールチャンスを作り出す』となります。
サッカーの基本概念として、『攻めるチームは11人で攻め。守るチームは9人でマークする。』(*攻めるチームはキーパーも含む11人。守るチームはキーパーはゴールを守るため、マークにつける選手は10人。また最終ラインに1人余らせることが守備の基本戦術になるので、マークにつける選手は9人となります。)とあるように、サッカーは実際に攻め11人、マーク9人の『11対9』で行われます。
『11対9』を部分的に切り取ると『4対2』『4対3』『3対1』『3対2』となり、『4対2』『4対3』『3対1』『3対2』の数的不利な条件でボールを奪える守備戦術は現時点で存在しません。
そのため、攻撃側にプレーのプロセス『状況の把握・理解』→『最善な解決策の判断』→『実践』にミスがなければ『4対2』『4対3』『3対1』『3対2』の数的有利(優位)な条件でボールを奪われることはないということになります。(*例外として守備の身体能力が大きく上回る場合はボールを奪われてしまう可能性があります。ただし身体能力の決して高くないイニエスタ選手を例にとってもわかるようにサッカーの本質は『状況の把握・理解』→『最善な解決策の判断』→『実践』であって、身体能力ではありません。)
そのことから数的有利(優位)で進めることのできる、『より多くの時間ボールをポゼッションする』→『より広がり、より速く、より多くボールを動かす』→『より多くのゴールチャンスを作り出す』までは『絶対的』だと定義できます。
そして、『ゴールを決める』への最後のプロセスに当たる『シュート・フィニッシュ』では1つのゴールを1人のキーパーが守り、1人の選手がシュートを打ち、数的有利不利はないことから、そこに『絶対的』な定義はなく『相対的』となります。
よい例がペナルティーキックです。ペナルティーキックには数的有利不利がなく、入る、入らないの『絶対的』定義はありません。たとえ最高のキックをしたとしても、読まれれば止められてしまいます。
試合中のプロセスにおいて正しい『絶対的な目標』と定義できるのは『より多くのゴールチャンスを作り出す』までとなり、『ゴールを決める』『勝つ』は『相対的な目標』となります。
『ゴールを決める』『勝つ』という『目標』は、コインを投げて『表』が出ることを『目標』にすることと同じように『相対的』なことで、『相対的』な『目標』は『迷い』を生み、『迷い』が『恐怖』を生みます。
よくサッカー選手が陥る悪循環のパターンで、サッカーにおいて『恐怖』は致命的条件です。
また、多く耳にする『結果が全て』の『結果』も哲学的に『相対的な結末』と表現されるように、最も『相対的』なことの1つです。
『勝つ』『ゴールを決める』『結果』はより魅了的で最終的な『目標』に見えますが『相対的』であることを理解することが大切です。
正しい『目標』『絶対的な目標』は『自信』『勇気』を与えてくれます。
子供たちにはよりシンプルで正しい『目標』と共に、人生の主人公として勇敢に歩んでいってもらいたいと思っています。
最後に、
『サッカーはシンプルなだけではなく、生きる方法ですらあるということ。このことを多くの人がわかれば、もっと楽しくなる。ピッチ内外において。』
尊敬するヨハン・クライフが残した言葉です。
サッカーの正しい『目標』が、楽しい人生の『目標』に繋がれば幸せに思います。
YUコーチ

『考える』について

川久保 悠

サッカーの指導者が子供たちに『考えなさい』と指示をする場面を多く目にします。
そこで『考える』とは何か?
指導者が正しく『考える』を理解できているか?
子供たちに『考えさせる』前にまず指導者が『考える』ことを正しく理解する必要があります。
〈*辞書:『考える』=知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。結論を導き出す。あれこれと思いをめぐらす。〉
正しい『考える』とは『理解』に向かって『考える』ことです。
『考える』を『歩く』に置き換えると、『理解』は『目的地』を意味します。
ただ『考えさせる』ことは『目的地』の無い迷路を『歩かせる』ことと同じです。
子供たちに迷路を歩かせることはとてもかわいそうなことです。
ただ『考える』ことは最も簡単なことで、その行為自体に明確な意味はありません。
大切なことは『理解』に向かって『考える』こと。子供たちに『理解』という『目的地』を示して『考える』ことの意味を明確にすることです。
そして『考える』には『理解』という『目的地』があり、永遠に続くものではありません。
『1 + 1 = 2』 や『火 = 熱い』のようにすでに『理解』していることを人間は考えません。
『理解している』=『考えない』ということになります。
そしてその『考えない』ことに判断スピード、プレースピードを上げる大きなヒントが隠れています。
実際にトッププレーヤーは正しい意味で『考えない』でプレーしています。
良い例として、世界で最もクレバーな選手の一人のイニエスタ選手は『自分は何も考えずにプレーしている』とバルセロナ時代に言っています。
サッカーは『状況の把握・理解』→『最善な解決策の判断』→『実践』の連続です。
サッカーを理解しているトッププレーヤーは『状況の把握・理解』→『最善な解決策の判断』→『実践』のプロセスに『考える』が入りません。
反対にサッカーを理解していない選手は『状況の把握・理解』→『最善な解決策の判断』→『実践』のプロセスに『考える』が入り、『状況の把握』→『考える』→『状況の理解』→『考える』→『最善な解決策の判断』→『実践』となり、『考える』ことにより判断スピード、プレースピードが遅くなります。
トッププレーヤーの速い判断スピード、プレースピードのメカニズムの正体は『正しい理解』による『考える』行為の省略にあります。
注意することとして、正しく理解するまでは『考える』ことは必要で、理解した後も『理解』を深め続けることが大切です。

最後に、哲学の基本コンセプトに『最も正しい答えは一つであり、間違った答えは無限に存在する。』とあるように、無限の中から最も正しい一つの『答え/理解』を子供が見つけ出すのはほぼ不可能なことです。
正しい指導とは、無限に存在する間違えを一つひとつ注意する『間違えの消去法』ではなく、最も正しい一つの答えを説明して『理解』させることだと自分は信じています。
もちろん最も正しい答えは日々進化するもので、その進化する最も正しい答えを追求することが『哲学する』と表現されます。
日本サッカーの育成環境で迷っている子供を多く見ることから『正しく考える』ことについて書かせていただきました。
少しでも参考になれば嬉しく思います。

YUコーチ

『哲学』『良いプレー』について

川久保 悠

『哲学』とは何か?
哲学とは物事の原理、原則、本質を理解する学問のことを言います。
哲学的に考えることによって物事の本質を正しく理解することがよりスムーズになります。
サッカーにおいて哲学的に考える大きなメリットの一つに、『プレーの統一理解』があります。
プレーを正しく理解することが『統一理解』に繋がり、プレーの統一理解がチームのまとまり、連携へと繋がります。

そこで、『良いプレー』とは何か?
上手いプレー、正確なプレー、ゴールに繋がるプレーなど、、選手一人ひとりに聞いてもバラバラな答えが返ってくると思います。
バラバラな答えが返ってくる場合は『良いプレー』を哲学的に正しく理解できていないことになり、チーム全体が『良いプレー』を目指してもチームとしてバラバラになりまとまりません。
INDEPENDIENTE JAPAN 哲学での『良いプレー』とは I.E.R の伴うプレーを意味します。
① I = Interpretar y identificar la situación. (状況の把握・理解)
② E = Elaborar y encontrar la mejor solución. (最善な解決策の判断)
③ R = Realizar. (実践)
『良いプレー』とは『状況の把握・理解』→『最善な解決策の判断』→『実践』の伴うプレーとなります。
通常子供は唯一目に見える『実践』のみを『良いプレー』と誤解している場合が多く技術のみを練習する傾向にあります。
『良いプレー』の3分の2はボールを受ける前に頭で把握・理解、判断することであり、ボールを受けてからのプレーの『実践』は残りの3分の1に過ぎません。
実際にミスの約80%は『状況の把握・理解』/『最善な解決策の判断』の段階で起きていると言われています。
『状況の把握・理解』『最善な解決策の判断』は目に見えない部分で選手(子供)にとって習得が困難な能力になりますが、一つひとつ正しく理解して練習することが大切です。
子供たちの成長に少しでも役立てば嬉しく思います。

ユウコーチ